あー・・・

サロゲート
という映画を見て、あー・・・と暗い気持ちになった。

 主演は、ブルース・ウイルス。
 「サロゲート」とは、人間が操作する精巧なロボットの事だ。操作する人間は、「オペレーター」と呼ばれる存在になっている、近未来が舞台。

 サロゲートの開発者は、体が不自由だ。自由に動き回りたい・・・その願いが、サロゲートを創った。サロゲートの操作は簡単だ。横たわり、サングラスの様な装置を、両目に当てるだけ。

 それだけで、脳からサロゲートに意思が伝わり、サロゲートが見る映像が、脳に帰ってくる。サロゲートはオペレーターの意思のままに、自由に活動する。

 企業が、「サロゲート・サービス」を立ち上げる。
 あなたの、思うとおりに、生きられます・・・
 ・・・美しい女性に
         逞しい男性に・・・
   ・・・もっと若々しく
            あなたの夢がかないます・・・

 人々は自分の理想の姿を、サロゲートに求め、部屋に閉じこもり、横たわり、出て来なくなった。代わりに、操作するサロゲートが、社会生活を営んでいく。

 
 主演のブルースウイルス扮する刑事も、その一人だ。ただ彼は、こう思っている。

 かたく扉を閉ざして外の世界に出て来なくなった、妻。妻が操作するサロゲートとでしか、触れ合う事がない、妻。

 人間として、再び妻と向き合ってみたい・・・


 ちょっと、こんな世界がうらやましい・・・
 そう思ったとき、
 あー・・・となった。