おめが道を、行っている

  私がさかなクンを初めて見たのは、『踊るさんま御殿』に出演したさかなクンを見たときだ。もう、十何年も前じゃないかなぁ。あの帽子に、
 「ぎょぎょっ!ぎょぎょっ!」
 ・・・って、なんだコイツは、って思ったけど。話を聴くうちに、すぐに、ただものではないことが分かった。


 さかなクンは、幼少の頃から、あんな感じだったらしいな。両親が、それを寛容したらしい。
 「お前はそれでいい」・・・と、光を当てた。なんでかね?それが親というものか??


 さかなクンのご両親も、まさか、天皇陛下が「さかなクン」という御言葉を発せられるとは、夢にも思わなかったろう。一番喜んだのは、さかなクンじゃなくて、さかなクンのご両親だろうぜ、きっとさ。

 さかなクンさ、魚類のスケベって、一体どうなってるのか、教えてくんねーかな・・・・・・(^_^?)?