さがしもの

 今朝の『NHK・ラジオ文芸館』は、
 角田光代さん作、「さがしもの」・・・という作品だった。よかったぞ(^^)。


 主人公の女子中学生、ヨーコが、余命短い祖母から、
 「・・・という本を探してほしい」、と頼まれるのだけど、それが絶版本でみつからない。
 「見つけてくれないと、化けてでてやる」と言い残して、お婆ちゃんは息を引き取る。


 結局その本は、ヨーコが大学生になった時、復刻版として本屋に並んでいるのを、やっと見つけるのだ。ヨーコはその本を形見のように大事にして、やがて書店に就職し、来客者の要望する本を丁寧に探してあげる書店員になる・・・というお話。


 で、お婆ちゃんはヨーコに、
 「死ぬのは怖くない。怖いのは、出来事じゃなくて考える事だよ」
 とか言う。なるほど。あれこれと起こるかどうかも分からない事を考えてしまって、足踏みするなってことだな。確かにそうだけど・・・
 でも、恐ろしい出来事は一瞬の魔をついてやって来る・・・これも事実だ。私は最近思うんだけど、
 『最安全を尽くす』・・・これをしないと、一瞬の魔に太刀打ちできない・・・そう思う。
 でも、お婆ちゃんの言うことは、正しいよな(^^;)。だから・・・




 お姉さんにぶっ飛ばされることなんて考えずに、今日も明るく元気に、


 週末スケベだっ!(゚д゚`)オォッ!!
 バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!