岐路を選べばgo!go!

 松井秀喜選手が、日米通算500号本塁打を、達成したようです。おめでとうございます(^_^!)。
 なでしこフィーバーの陰に隠れた情報ですが、私は注目していましたよ。
 というのも私は、松井さんの大ファンなのです。
 高校野球の五打席連続敬遠から・・・長島監督が引き当てて巨人入団・・・ヤクルト戦でのプロ初ホームラン・・・数々の活躍・・・ヤンキース入団・・・怪我・・・色んなチームを渡り歩く野球生活・・・ワールドシリーズMVP・・・
 ずっと追い続けていました。
 松井秀喜選手が引退したら、もう野球・野球ニュースは見ないかもしれない。


参照・写真速報!松井秀喜が日米通算500号本塁打を達成した瞬間() | 現代ビジネス | 講談社



 「岐路」 ・・・この言葉にいつも、松井秀喜選手が登場する。
 日本に残っていれば、あの偉大な王さんに次ぐホームラン記録を作れたはず。700本は打てたんじゃないでしょうか?でも、それでは、ワールドシリーズの伝説は作れなかった。
 しかし、飄々と歩んでいますね、松井秀喜選手は(^^;)
 ・・・ひょとしたら、ですが・・・
 ヤンキース入団までエリート道を歩み続けた松井秀喜選手は、風来坊のような今のスタイルに、憧れてたんじゃ・・・
 それは本人に聞かなきゃ分かりませんが(^^;)
 ただし・・・


 何を隠そう、実は(^^;)、松井秀喜さんは、筋金入りのスケベなのです。エリート道の傍ら、スケベ道も歩んでいるのです。私のライバルといえるでしょう。とにかく、残り少ない(?)選手生活の後、日本に帰国した折には、スケベについてじっくりと語り合わねば・・・
 というのも、スケベの方向性が、私とはちと違うので、できれば正してあげたい。松井秀喜選手のスケベはバッティングと同じで、引っぱるばかりなのです。それもいいのですが、時にはボールに逆らわず流し打つ・・・そんなスケベも必要です。