迎え火

 私は、『日航ジャンボ機、墜落事故』 について、ちょっと書いたことがあったんですが、

参照・情熱大陸からの・・・明石屋さんまさん - 片隅の町

 8/12・・・だったんですね。正直に言いますと、日時を記憶しておらなかったのですm(_ _)m。でももう、忘れません。



 そのジャンボ機の事故ですが、私の知り合いの女性が、乗る予定だったのだそうです。その女性は、当時、小さな子供を連れていたのですが、その子が泣き叫んだのだそうです。
 搭乗しようと行動すると、泣いて暴れる。異常だったそうです。結局、少し落ち着こうと、その便をキャンセルした。そして、別の便の飛行機に乗るときは、うんともすんとも泣かない。
 後で、ジャンボ機が御巣鷹山に墜落したのを知ったときは、心底、そのお子さんに感謝したそうですが・・・



 しかし私は、そういうの、神秘化したくないな。そのお子さんの例では、墜落事故が決定していたようではないか。まるで、神様に決められていたようなお話にしてしまうのは、嫌だ。
 あの事故の原因は、科学的に証明されて、世界の航空業界で認識されているのです。だからこそ、教訓になっている。被害者の命は、無駄になっていない。



参照・http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011081302000036.html

 京都市は、取り寄せた松の木五百本を、一本一本ていねいにていねいに、検査したそうだ。何の為に・・・取り寄せたのでしょう・・・
 ホントは、裏に、これだけ汚染が広まっています・・・という風評被害を流したい人が、黒幕としているのでしょうか?
 五山送り火の名を借りて、科学的証明をして、世間の認識にしたい人やグループが、いるのか?


 
 おちょくっとんかっ!?
 スケベも怒るぞっ!!
 


 8/12は、忘れられん日になった。



 今朝、わが家では、迎え火をしました。次は、送り火をします。
 『小さな小さな火』 ですが、
 『五山送り火』 には絶対に、負けません。