お父さんのバックドロップ

 今朝の、NHKラジオ文芸館は、
 中島らもさん作、 お父さんのバックドロップ 



 あらすじを簡単に・・・
 主人公の少年の友達、下田君のお父さんは、悪役プロレスラー・下田牛之介。頭髪を金髪に染め、口から緑の液体を吹き出す、いうなれば、かませ犬の悪役レスラー。下田君は、そんなお父さんが大嫌いです。大嫌いであることを、お父さん・下田牛之介に、爆発させます。


 そんなある日・・・


 下田牛之介は、熊殺しで有名な空手家、ボブ・カーマンに果たし状を手渡す。慌てたプロレス会社社長、ジャイアント小場は、ボブ・カーマンに八百長を持ちかけるのだが、ボブ・カーマンはその申し出を一蹴。


 そしてついに決闘の日・・・


 リング上で、下田牛之介は冷やかす観客に向けて言う、
 「あんたたちはオレのことを忘れるだろう。でもオレはたった三人の為に戦う。オレ自身と、オレの母ちゃんと・・・、オレの息子」





 私は、この物語を聞きながら、布団の中で泣きました。
 多くは語らずに、この物語の登場人物の、モデルとなった人物を紹介したいです。


●下田牛之介
 上田馬之介


●ボブ・カーマン
 ウィリー・ウイリアム


ジャイアント小場
 ジャイアント馬場


■下田牛之介 対 ボブ・カーマン
  アントニオ猪木 対 ウィリー・ウイリアム