神の粒子

 最近、宇宙ネタが多いですが・・・(-_-;)・・・




 無限に拡がる大宇宙 

 その片隅で、宝石のように瞬く、

 奇跡の星、地球

 そして我々人類は、

 奇跡の存在、人

 



 そのすべては・・・
 ・・・130臆年前の

ビック・バンから始まった。




 しかし、ビッグ・バンだけでは、我々生命は、生まれることはなかったのです。ある粒子が存在しないと、形あるものは何ひとつ誕生しなかった、と仮定されているのです。そして必ずその粒子はあると、物理の世界で研究されてきたそうです。

 その粒子とは、神の粒子と呼ばれる・・・


ヒッグス粒子 ・・・です。

 その神の粒子が、スイスの研究所で、本当に存在するかもしれない、という段階まで到達したらしいのです。



http://www3.nhk.or.jp/news/tokusetsu2011/1213.html



 ヒッグス粒子とは、ビッグ・バンで発生した無限数にある粒子に取り付いて、質量を産みだすのです。つまり、ヒッグス粒子が存在しないと、ビッグ・バンで生まれた粒子は質量がないので、永遠に彼方に、ただ飛び散っていくだけなのです。その状態では、何も産まれないのです。星も、自然も、生命も・・・




 こうした研究が、莫大な予算を使って、実践されているのですね。
 戦争、宗教、食料、原子力エネルギー・・・
 ヒッグス粒子が発見されて、これらは解決するのだろうか?




 そんな神の領域を突き進んで、何が分かるのだろう。
 物質の始まりは、ビッグ・バンとヒッグス粒子かもしれない。それは分かるかもしれない。
 では、
 精神の起源はなんだ?心には質量がない。ではその始まりはなんだ?


 スイスの研究所



 ・・・すべては、







スケベ・バン から始まったっ!


 素敵なお姉さんにスケベが取り付いて、何もかもが始まるのです。





 物質宇宙の起源が、ビッグ・バンとヒッグス粒子なら、
 精神宇宙の起源は、素敵なお姉さんとスケベ粒子なのですっ!
 それこそが、
 スケベ・バンなのですっ!!

 

信じますか?