はじめてしまったあとでも

あしたのジョー。原作、高森朝雄梶原一騎)、ちばてつや



 最も感動した漫画ランキング、なんかで、必ずあしたのジョーが一位になりますよね。なぜなんでしょう・・・


 ジョーのこのラストに、理由の一端はあるのでしょうね。そしてこのラストに辿りつくには、ちょっとした手違いがあったそうなんです。それは、ジョーとジョーのライバル、力石徹の出会いでした。










 


 特等少年院で、二人は出会います。作画のちばてつやさんは、ジョーの最大のライバルであることから、力石徹を大きな体格の男として、登場させたのです。


↓ジョーよりも、大きな男。

 その絵を見て、原作者の高森朝雄さんは、仰天したそうです。なんてことをしてくれたんだ、と。つまり、後に二人はプロボクシングのリングで戦うわけですから、体格差があると、物語の進行上、こまるのです。
 しかし、描いて発表してしまったものは、仕様がありません。不良電気製品のように回収は出来ないのです。


 それで、力石徹は地獄の減量をすることになるのです。そして力石は死に、ジョーは真っ白なラストに向けて走り出します。



 もし、初期に、高森朝雄ちばてつやの意思が噛み合い、手違いがなかったら、力石は死んだのでしょうか?そして、ジョーのラストはどうなっていたのか。ジョーは、燃え尽きることが出来たのか・・・。
 老若男女誰もが認める、感動の物語に成り得たのでしょうか?






 分かりませんけど、
 ただ、
 これだけは言えます・・・









スケベは決して燃え尽きませんからね   (~_~)


エヘじゃねえっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!