大いなる河②・・・三人の天下人よりも

 
 先週、大河ドラマ平清盛第一回目を観ましたが、良かったですね(^_^)。まあしかし、第一回というのは、どんなドラマも力を入れてますからね、あとは、これからどうなるか、ですね(^^;)。いよいよ今日から、松山ケンイチさんが登場しますしね。




 大河ドラマで名作になる要因は、二つあると思います。一つは、主人公そのものが、歴史的に面白い人物か。もう一つは、その主人公とぴったりと合致する、演じる役者がいるか。この二つです。




 その点で、先週も申し上げたとおり、信長・秀吉・家康ストーリーに呑み込まれている武将ながら、上の二つの要因に見合う人物を、私は知っています。今日はその人物を発表しましょうか?
 NHKの関係者のみなさん、よろしいですか?





 その人物、武将とは・・・





 ・・・それは・・・













 スケベ将軍ですっ!!


バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!



 ・・・失礼しましたm(_ _)m。

 では真面目に発表しましょう。
 その武将とは、おそらく東日本では、人気の無い、ドラマにするにはタブーな人物でありますから、言いそびれてしまうのです。
 その人物とは、














石田光成公でありますっ!!

 
 おや、意外ですか?
 そうでしょうね。特に関東の人には、受け付けがたい人物かもしれませんね。しかし私は、今のこの時代こそ、この武将を取り上げてほしいと、思ったりするのです。

 その理由は・・・

 つづく。