国、人、それぞれの翼

 選抜高校野球、真っ盛りであります。宮城、石巻工キャブテンの選手宣誓には、心震えましたね。その石巻工も敗れました。しょうがありません。勝負の世界ですから。強い者が勝つ。





 高校野球だけではありません。他のスポーツ。受験地獄。社会の人間関係。すべてがそうだ。勝者は羽ばたき、敗者は翼を折られる。



 



 肩甲骨という骨が、鳥の翼のなごりらしいですね。肩甲骨は、「天使の骨」と呼ばれているらしい。何度心の翼を折られようが、誰でも実質的な翼を持ってるってことなんですね。





 左右の肩甲骨の間は、ツボの宝庫らしいです。つまり、肩甲骨をよく動かすことは、体に、そして心にも、とても有用であるのですね。
 「鳥のように羽ばたきたい」という言葉は、肉体から心へ向かう、開放の本能なのかもしれない。



 はやぶさ



 国にしろ人にしろ、翼を広げるには、やっぱり悪意のないほうがいい。両手両腕を広げる、大きく柔らかく・・・気持ちいいですな(^^)
 誰かに、自分では手の届かない肩甲骨周りをさすってもらったら、本当に気持ちいいですよ。畳んだ翼が広がっていくような気がする・・・








 んっ!?なんですってっ!?
 さすってもらう人がいないってっ!?




 それならば、
 当然・・・






 



スケベの出番でありますなっ! 


 ・・・そこのお姉さん、あなたの肩甲骨をさすって差し上げましょう・・・


 なぜなら、


 「スケベは、あなたを愛しています。世界中の誰よりも」






悪意だらけじゃっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!