蜘蛛の糸 ・ 犬と笛

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 芥川龍之介先生作、『蜘蛛の糸』と『犬と笛』・・・の二作でした。





 蜘蛛の糸に関しては、約一年位前にここに書いたことがあるのです。よく知られているお話なので、何もいうことがない(-_-;)
 『犬と笛』も、なんといいますか、『蜘蛛の糸』同様、人間の道徳のお話なんですね。



 勧善懲悪なお話ですよね。悪人がいる。その悪人はこてんぱんにやられる。問答無用だ。正義の味方とヒロインは、めでたしめでたし・・・といった具合です。
 よく考えたら、ハリウッド映画に似てるよな(・_・!)







 このテのお話を聴いても、何も書くことが思い浮かばないのは、私の心が曇っているということなのか・・・
 




 しかしね、
 私はいいたい事がある・・・





 ラスト、二人のお姫様を救出した主人公は、どちらか一方のお姫様のお婿さんになるのです。どちらかは明らかにされないのですが・・・








ゴルァ-------  -------ッ!!



なんちゅうことさらすんじゃ------  ---------っ!!





 残った一人が可哀想やろがーっ!
 中途半端なことさらさんとっ、
 スケベ やったら背中みせて去っていかんかいっ!!





スケベはつらいよ スケベの世界だぜえっ!!



 分かってんのかいっ!?






興奮すなっ!!( -_-)=○☆)>_<)さくらっ!