お父さん大好き

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 山崎ナオコーラさん作、 『お父さん大好き』 ・・・でした。








 この作品のあらすじは、そうですね・・・
 『日常』 、です。
 こういうしかありません(・_ー)。
 あなたの日常・・・






 先週の芥川龍之介先生の作品でも、感想を書くのに苦労しました。ですが、芥川先生の道徳を浮き彫りにしたお話しは、記事として何かを書くことはできます(とくに私の馬鹿馬鹿しいブログではね)。
 悪人がいる。不条理がある。善人のような悪人がいる。不条理な正義がある・・・







 だけど・・・
 今そこにあるありふれた日常が、もっとも大切なもの・・・
 ありふれた日常は、いつでもそこにある・・・
 こうした切り口の作品は、感想を書こうとする意欲すら、とろけていってしまうのですよ(ー_・)。
 





 私たちって本当に、そんな平和な世界の住人なのか?
 今、今の日本人は、ちょっと違うのではないかと気づきはじめてるとは思うのですが。
 人ひとりの単位でも、国としての規模でも、守らなければ日々はない・・・って。









 でも、でもね・・・


 これだけは本心から安心してほしいのです・・・



 ありふれたスケベ は、いつでもあなたの隣にいますからね・・・って・・・