遅れてきたメッセンジャー

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 楠見朋彦さん作、 『遅れてきたメッセンジャー ・・・・・・でした。






 切手蒐集のホームページを運営している主人公の男性に、 『わたし』 と名乗る女性から電子メールが届きます。その女性、 『わたし』 さんは、十年以上も前に文通していた女性だったのです。一度だけ、武庫川駅のホームで目を数秒合わしたことがある女性。
 『わたし』 さんにもう一度会うために武庫川駅に降りたった主人公は、意外な事実を知ることになります・・・


 武庫川駅は、兵庫県西宮市と尼崎市にまたがっている。






 文通相手と会う・・・
 今では、こうしたブログで交流している相手と会う・・・・・・ってことでしょうか?
 ブログの文字から想像する・・・
 どんな顔をしているのか?どんな声なのか?



武庫川駅は、川の上に駅舎がある。





 私は恐ろしくてちょっと・・・
 相手の顔を知りたい声を聞きたい、という欲求よりも、自分の顔を知られたくないし、声も聞かれたくない。
 この思いが強い。
 私は、臆病なんです。
 それに・・・



 武庫川沿いに、もうすぐ桜が咲き誇る。








 実は私が スケベ だと知られるのも怖い・・・

 ・・・お姉さぁ〜ん、春ですねぇ〜・・・

知れ渡っとるわっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!