変化・・・生きるとは

 四月も半ばにかかろうとするこの頃・・・
 新聞配達をしておりますと、新たなる変化を目撃します。
 そうです。
 入学です。





 毎日毎日、同じルートを同じ時間帯に回っておりますと、同じ顔ぶれの子供たちとすれ違います。自然、顔を覚えてしまいますわね(^_^)
 一年生から二年生。四年生から五年生。五年生から・・・
 まあ、身長が伸びてきたな・・・ぐらいの感想を持ちますがね。
 しかし、
 今まで私服にランドセルを背負っていた女の子が、
 突然、向こうから、






 セーラー服(orブレザー)で歩いてきたら、びっくりしますわね(^_^!)
 思わず、時の流れを思いますね。
 そんな時私は、道端に配達用バイク・スーパーカブを停めて、四月の空を仰ぎ見て、感慨深くつぶやいてしまうものです・・・






 








 「スケベになりやがって・・・」


バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!

女の子しか見とらんのかっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウチッ!



 ・・・・・・m(_ _)m
 失礼しました。






 「大きくなりやがって・・・」 

 ・・・と、つぶやいてしまうものです(^_^)









 変化。 
 これは、若さの特権なんですかね?
 私は何かの本で、こんな言葉を目にしたことがあります。


 「人間は死ぬまで変わりつづけることができる。生きるとはそういうことでしょう」


 私なんかが、この言葉を座右とするには、おこがましいですけどね。でも、胸に刻まれて消えない言葉です。





 だから・・・
 小学校から中学校。
 中学から高校。
 高校から短大・大学
 短大・大学から社会・・・

 変化しつづけるお姉さんたち、憶えておきなさい。




 ビシッ!!
 


私のスケベも変化しつづけているのだとねっ!!



バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!