天秤・・・ゆらゆら揺れる

 金魚運動・・・って、ご存知ですか?
 ↓・・・こんなマシーンなら知ってるでしょう。


 自分独りでもできますし、
 誰かとペアでもできます。



 お子さんの両足を持って、ゆらゆら揺らしてあげるといいそうです。揺れることで、自発的に不調や歪みを治そうとする力が生まれるそうです。

 ゆらゆら揺れる。右に行ったり左に行ったり。
 いわゆる優柔不断ってやつですかね。でも、揺れることってのは、芯を作るために必要なプロセスなのかもしれません。



 天秤の右にあれを載せ、左にこれを載せ、揺れる。
 何度も調整するうちに、バランスが整う。また、細かく揺れたりする。また調整する。








 今日は憲法記念日。だからでしょう、新聞のぶちぬき広告がでていました。


 ・・・殺すな。殺されるな。


 正直いって、いったいどういう意味なのか、とらえ切れません。『殺』の文字をでかでかと載せてほしくないのもありますが、気持ちが悪いと感じるのは、バランスが壊れているから、と思っております。
 天秤の片側だけにガシャンと落ちて、天秤そのものが倒れてしまったような感覚だ。


 『殺したいやつがいる。でも殺してはいけない』


 これならスッキリしますが。



 右にガシャンッ!
 左にガシャンッ!


 
「ロシアと中国を戦争させたらいい。強盗団はみな中国人だ。日本も核武装だ」


  「自衛隊を解体しよう。災害救助隊にしてしまいましょう。若い娘さんは自衛隊員と結婚してはいけません」


「歌っているか、口の動きをチェックする」


  「絶対立ちません、歌いません」



 ガシャンッ、ガシャンッ。
 ガシャンッ、ガシャンッ!
 ゆらゆら揺れる、自発力の成長を許さず。
 天秤を壊してしまう。芯も無く歪み。バランスなど生まれない。
 いいかげん、うるさいですよ。



 悲惨さを知らない世代のたわごとですかね・・・
 壮絶なイジメの悲惨なら、知ってるんですが・・・
 そういえば、原発もどうしていいのか分からんなあ。
 揺れてる。