雪明かり(再)

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 藤沢周平さん作、 『雪明かり』 ・・・でした。


雪あかり - 片隅の町



 このお話では、のために世間と身分の体面を捨てられるのか・・・。
 それがテーマとなっておりますね。
 体面か・・・



 みなさん、文楽って、観たことありますか?


 「文楽は守るが、文楽協会は守らない」


 文楽伝統の地、大阪の橋下市長が、文楽協会への補助金を大幅にカットすると公言しているのです。


 「文化とは、のうのうと守られて生き残れるものではないっ」


 とも発言している。

 


 文楽
 私は観たことありません。
 たしかに、
 つまらなさそうだ。
 しかし、
 ちょっと想像するに、文楽人形浄瑠璃とは、世間と身分の体面に苦しむ、男女の愛と、ドロドロとした憎悪の世界のような気がする・・・あくまで想像ですが。 
 そう考えると、面白そうだ。


 
http://jyoruri.jp/index.htm
↑・近所に、こんな劇場があります。
一度観にいってみるかな・・・





 「文化とは、のうのうと守られて生き残れない」



 なるほど。人間とは、欲望を満たす娯楽芸能にたかるもの。では、そんな娯楽が文化となっていくのか・・・。
 文楽もそんな人間の欲望を描いているのではないのかなあ?それを分かりやすく伝えようと変化しないのが、伝統芸能の体面でしょうか?



 ここではっきりといっておきます・・・









スケベはお姉さんに守られたいのでありますっ!
 そんな一面もあるのであります・・・