一年後

 『今日の言葉』 で度々登場する、「・・・、ホンマ」が口癖の酒飲み配達員。最近、ぼやきと溜め息が多くなってきました。


 その理由を、ある配達員がこう分析しています。




 「あのオッサン(酒飲み配達員)な、金なくなってきたら、ああなるねん。酒代だけとちゃうで。博打(ボート)しよるやろ。自分の収入の範囲ちゅうもんをな、考えてないねん」






 私も酒飲み配達員とは、ちょくちょく話をします。年齢は六十歳だと思います。家族とは縁が切れているらしい。私は、酒飲み配達員の子供と年が近いのかもしれない。よく話しかけられるのは、そうなのかもしれない。
 こちらからあまり突っこんだ話は聞かないので、酒飲みの人生がどうだったのかは、詳しくは知りませんが・・・
 ひょっとしたら、昔は超一流の企業マンだったかもしれないではないですか。
 たまにいますよ、ポツリと過去のことを聞いて、「ええっ!?」という経歴の持ち主が。
 でも現在の酒飲み配達員は、明日をも知れぬ生活をしてますなあ。





 事実は小説より奇なり ・・・っていうでしょう。私は昔ね、そんな人種に憧れてたりしました。
 そんな人生にね。
 ある日突然姿を消して、乗りこんできた刑事によって明かされた事実に、周囲の人たちが驚く・・・なんてね。
 いわゆる、ミステリアスちゅうことですね。
 酒飲みのような人生も、憧れの範囲に入っていました。





 今の私はどうなんですかねえ。酒飲みやミステリアスに、憧れは感じてませんな。
 ただ、一年後、今想像しているような自分がいてほしい。
 その姿はミステリアスでも、堕落でもありません。
 少しだけ変化した、私なのです。





 まあそうですね、みなさん私がどんな容貌性格をしているかは分からないでしょう。もし仮に私とご対面したときなんか、ひょっとしたらこのことぐらいは驚くかもしれませんよ・・・













「事実は小説よりスケベなり」




 小説以上のスケベを、





教えたろかぁ ----- -----っ!!!!!  

 

 どないやっ!?
 教えたろかぁーーーっ!!!



バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!