銀のデート

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 石田衣良さん作、 『銀のデート』 ・・・ でした。





 ミサは、結婚して三十年になる夫と二人、若いカップルが目立つ繁華街を歩いています。ミサの手には、犬の散歩に使うリードが握られています。そのリードの先は、夫の手首につながっているのです。手をつないで他人には分からないようにしています。しかしそうでもしないと、もし夫が迷子になってしまったら・・・

 兆候はありました。家から五分の行きつけのパン屋に行った夫は、三十分してようやく帰ってきました。パンも買えず、呆然と玄関に立つ夫。心配になり病院に行きます。
 ・・・若年性アルツハイマー・・・
 若い医師から告げられた病名です。





 若いカップルが目立つ繁華街を二人で歩きながら、突如、夫が言いました。

 「今日は何日だ?」
 「十一月二十三日。勤労感謝の日よ」
 「そうかっ。家に帰ろう。今日はデートなんだ。若い娘と、デートなんだ」

 足早に歩き出した夫に、ミサは穏やかではありません。いったい誰と会うというのでしょう・・・


 石田衣良さん





 デートといえば、
 今日は、
 七夕 ではございませんかっ(^^!)


 




 今夜、見れますかね(^^?)。
 天空のデート。
 この十年の統計では、7.7において晴れた日は、二回しかないそうです。
 そもそもこの七夕が大和に伝わってきた頃は、旧暦での7.7だったそうです。それは現在では、八月初頭に当たるそうな。梅雨明けの、空の奥の宇宙まで見渡せる頃ですな。





 こんなのはどうでしょう。
 旧暦でも新暦でもなく、
 スケベ暦で七夕しちゃうってのっ!


 
 ・・・で、スケベ暦の七夕はいつに当たるかというと、
 それは・・・



再生

再生




 毎日 ですよっ!
 毎日あなたに、会いに行きましょうともっ!



 いいでしょ?