いつのまにか2008以降の未来

 今日、母親が押入れの整理をしていたのです。そして、
 「これあんたのか? こんなんでてきたで」
 と、持ち出してきたものがあります。




 アニメ 
 『未来少年コナンレーザーディスク・メモリアルBOX』
 ・・・だったのです。
 大昔、確かに私が購入しました。





 この作品、ご存知でしょうかね?
 巨匠、宮崎駿監督の、初期の初期の作品ですね。たしか、アニメ初監督作品ではなかろうか? NHKでのテレビ放映作品だったのです。





 はっきりいいますけども、数ある宮崎作品の中で、私はこの 『未来少年コナン』 が一番好きです。
 というか、さまざまなジャンルの物語のひっくるめて、このお話に一番のめりこみましたですな。






 もう、めんどくさいからストーリーとかは説明しませんが、舞台は、2008年に勃発した世界戦争後の話ですね。生き残った人類の物語です。
 生き残った数少ない男女から生まれた、少年コナン。
 コナンと出会った、少女ラナ。
 二人のストーリーですな。






 知ってるけど見たことない人、もともと知らなかった人、見たほうがいいですよ。宮崎作品がそもそも好きではないという人、見たほうがいい。
 そんなの関係なく、スカッとしたい人、泣きたい人、見たほうがいいでしょう。
 そして、知っておいてほしいのは、
 この作品には、 スケベ はありませんよっ!




 それでも見たほうがいいですなあっ!




 そんなの、もの足りなっていうんなら、
 私の家にきなさいっ。ソファに並んで一緒に見ましょうぞ。
 ただし、私んちにはもうすでに、レーザーディスクプレーヤーがないんですわ。だから、ソファに並んでも、肝心のアニメを見れませんねぇ。
 『未来少年コナン』 を、語り合えませんねえ〜・・・
 そんならどうしましょうかねえ・・・



 そこのおねえさん、




 私とあなた、二人の未来について、
 語らい合いましょうかねえ・・・


ねえっ