それでも鳥は空を飛ぶ

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 森浩実さん作、 『それでも鳥は空を飛ぶ』 ・・・でした。


 森浩実さん




 主人公の少年は、小学五年生です。少年の父親は、航空会社に勤めています。父親は飛行機が好きで、パイロットになりたかったのです。ですがその夢はかなわず、航空会社に入社することで落ち着きます。それでも父親は仕事に満足していました。
 少年の父親がおかしくなりだしたのは、クレーム処理部門に配属させられてからです。仕事を休むようになりました。学校のテストを休みたい少年は、父親に言います、
 

 「いいなあ、お父さんは休んでばっかりで」



 少年はそのことを後悔します。ある日、朝から父親が家にいない。きっと飛行場にいるのだ。少年は、父親が好きなその場所に、自転車で向かうのです。



家族の分け前

家族の分け前





なでしこジャパンっ、強豪ドイツ撃破し、準決勝進出っ!



ひゅー・・ー_ー_(〜_〜)・ー_ー_・・・っ・・・





 毎日暑いですなあっ!
 猛暑ですなああっ!
 ロンドンも暑いっ!





それでもスケベは風を吹かすっ!!





 テレビでは放映していませんが、ロンドン娘たちも、そろそろスケベ風の心地よさに気づきだしたようです。良く観て下さい。空を見上げている娘たちが多いはずです。流れが、霧の空を青空に変化させている。ブルーの瞳に、スケベ空の青が映りこんでいるはずですよ。





その風はアメリカに向かっているのですっ!








ようようっ、ソロさんようっ!



アメリカ代表GK。ホープ・ソロさん







スケベもキャッチしてえぇ〜〜〜っ・・・(〜_〜;)



バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!