五間掘の雨

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 宇江佐 真理さん作、 『五間掘の雨』 ・・・でした。






 主人公の長五郎は、居酒店「ほうらい堂」の店主です。江戸本所五間掘にあるその店は、夕刻から翌明け方までの間に、さまざまな人間が来客します。
 近くに住む武家、婿養子の味噌屋の若旦那、廃れ始めている同業の二代目、芸者の女。
 ある時、芸者に貸した提灯を返しに行くようにいわれたと、少年が店の前に立っていました。長五郎は心穏やかではありません。
 長五郎には昔、恋仲になった芸者がいるのですが、もし子供がいたとしたら・・・



なでしこ御用帖 (集英社文庫)

なでしこ御用帖 (集英社文庫)



 ところで長五郎は、雨が嫌いな男のようです。
 季節は、秋になりつつありますね。嫌い嫌いといっても、これから雨がトンと、降らなくなっていきますね。
 肌がかさつき、髪が逆立つ季節になっていくのです。



AKB48

 スケベの夏っ!

 

 ・・・が去り。
 寂しい季節へと移行していくのでありますなあ・・・
 ・・・なんとも寂しい、でありますなあ・・・



 ため息が出ますよ。
 






 そこでお願いがあるのですけどね。
 そこのお姉さんっ、

  ビシッ!


 
 私と・・・





 寒中水泳しませんかぁ〜〜・・・
 健康にもいいし、
 あとで、


 温めてやるぜっ。




 熱々に・・・





バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!