枯葉、砕ける

 最近、私の住む阪神地域で発生した、近年まれに見る残酷な事件が連日報道(報道は全国区でしょうが)されており、なんとも言葉を作り出す気分にならないのです。


 圧倒的な悪意の前では、人はカラカラに乾いていくしかないのでしょうか?
 なにもかもが、無意味に思えてしまうのです。


 カラカラに干からびたら、あとはパラパラと、簡単に砕けてしまうのだ。
 人間は人の手によって、簡単にバラバラになってしまう。




 端に吹き溜まった枯葉を拾い上げると、虫がコソコソ這い出てきた。
 温かいのでしょうか?
 枯葉を手に乗せてみると、ハッとした。
 そうです。
 枯葉一枚が、とても温かいのです。




 枯葉を集めて山のような巣を作り、そこに卵を産む鳥がいるらしい。
 集められた枯葉が醗酵して熱を出し、卵を温めるという。






 世界遺産、「白神山地」の大地は、とてつもない枯葉の堆積らしい。





 そんなことを考えて、植木に枯葉を詰めてみた。
 かなり、温かそうに見える。

伸びる - 片隅の町



 枯葉一枚、手に乗せてみたら・・・
 何故あんなに温かいのでしょうか・・・




 でも、それでも・・・






やっぱりお姉さんの温もりがいいですよねぇ〜〜(〜_〜)


バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!