北風と太陽

 「北風と太陽」


 ・・・という寓話、誰もがご存知でしょう?


 旅人の服を脱がせようと北風と太陽が競い合うのです。結果はご存知ですよね。






 私は、実は二人の師匠から整体を学んでおります。一人は正確には整体というより、「〇〇〇〇療法」・・・という名前で、ソフトな手技療法なのです。
 もう一人はいわゆる整体で、ちょっと痛いこともやるわけです。


 前述の〇〇〇〇療法の師匠は、痛みを人に与えてはいかん、という。効かすのと強いのとは違うというのです。痛い、強いと人は防衛反応で、後からもっと悪くなるというのです。
 まさに、「北風と太陽」の仕組みなのだそうな・・・


 ソフトに効かす。そのためにどれだけ指の力を抜くか・・・
 そういうことなのだそうな・・・




 そういえば、ミシュラン三ツ星寿司職人の二郎さんの、ネタを握るときの指は力が抜けているように見えました。






 
 しかし現代、諸問題で、「北風と太陽」の寓話はふさわしい時代ではないのかもしれません。
 環境、エネルギー問題・・・
 太陽以外の自然の力も、世の中に必要になってきている。活用しなくてはならなくなっている。




さすれば、この時代にふさわしい寓話とは、何なのかっ!? 






 









 「スケベとお姉さん」



 私はこの寓話こそ、この二十一世紀にふさわしいと思う。
 人を動かすための知恵がつまっていると思う。








 百恵さ〜〜んっ・・・


 遠慮なさらずに〜〜・・・


 脱ぎなはれ〜〜っ・・・


 脱ぎなはれや〜〜っ・・・





なんでいつも百恵さんやねんっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!