いきつけ

 赤提灯の灯りに誘われて、ついつい暖簾をくぐり・・・


 ・・・とか、


 風にのって届く鳥を焼く香ばしい煙に誘われて、ついつい暖簾をくぐり・・・


 ・・・とか、


 現代、こういった現象は、おっさんだけの世界ではないでしょう。世の女性たちも、アフターファイブについつい一杯。いや、女子会というのでしょうかね。よくあることでしょう。

 



 ただ私は、あまりそういうものには縁がありません。しかも一人で暖簾をくぐるなんて、なかなかできないことであります。


 そんな私ですが、月に二、三回は、うずうずと食欲がわいてついつい足を向けてしまう店があります。しかも一人で。


 それは、インド・ネパール料理店であります。


 なんかあれですね、日本風居酒屋とくらべて、店内に入るのに抵抗がありませんね。



 



 だいたいいつも、セットを頼みます。
 二種類のカレーと、ナン。
 それと、一切れのタンドリーチキンとサラダ。
 それとインド風漬物ですね。
 
 ああっ、あと生ビールを頼みます。

 それと最後は、ホットチャイですね。





 みなさんそれぞれ、赤提灯だけではない、隠れ家的いきつけのお店、なんてあってもいいですよね





 カレーといいましても、本格的お店のカレーはあれですね。あとで胃がもたれません。きっと、自然のスパイスのせいなんでしょう。
 化学調味料的味付けではないからでしょう。

 インドでは、

 『アーユル・ウ”ェーダ』

 といわれる伝統医学があるそうです。

 『食』、インド伝統食、それがそのまま医学なんですね。





 まあ私はインドのことはあまり詳しくありませんけども、これだけはいえるでしょう・・・自信もってね・・・











 

 なんといっても、

 
 インドのお姉さんは、よろしおまんなぁ〜〜・・・



 最高のスパイスでんなぁ〜〜・・・




 そんなインドのお姉さん方にいいたいですよ。

 ビシッ!! 



 日本(にっぽん)の兵庫県K市には、



 『スケウ”ェーダ』・・・と呼ばれる伝統医学があるのですよ〜〜・・・





 

おのれは何がいいたいんじゃ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!