〇〇〇は優しい

 今日、整体の師匠の話を聴いてたんですが、これまでも何度か書きましたが、師匠は食事と健康についてやかましくいいます。




 「小食が健康のすべて」・・・とまで言い切ってますが。




 で、師匠の師匠は、そんなに食についていわなかったらしい。師匠の師匠の師匠は、食についてまったく無頓着だったらしいです。(ややこしいですが、私の師匠はこの療法の三代目なのです)。しかしそれには理由があるらしい。




 やはり昔と現代では、食の根本が違うというのですね。別にとやかく言わんでも、昔の人は土地で採れた物で小食だったらしいのです。病気も治りやすかったらしい。逆に今の人は治りにくいらしい。







 もうこんな掛け合わせ言葉も通用しないでしょう、今は。現代はカタカナ名の食品が多くなりましたからね。ハンバーグ。スパゲティ。パン。ピザ。クッキー。アイスクリーム。実は私も大好きだったりする。



 「わんぱくでもいい。たくましく育ってほしい。丸大ハム



 ・・・なんてCMが昔ありましたよね(^_^)。そして現代っ子にはびこりだした、原因不明の病気の数々・・・特にアレルギー疾患・・・





 私もアレルギーでステロイドを使用していますが、抜け出すのが本当に難しい。抜け出せるなら抜け出したい。
 時代の変化。産業の要請。もうどうしようもないのかもしれない。しかしだからこそ師匠は言います。
 



 「食べるなとは言わん。食べすぎがイカンのだ。ほどほどに食べなきゃいかん」



 



 こんな現代だからこそ、私は、




「まごわやさしい」


 ・・・に代わる、新しい食表を発表してみましょうか?



 




 「すけべはやさしい」



 まず 「す」 ですが、やはり、

 すーちゃんこと、田中良子さんでしょうか。
 ほんとうに、やさしいお母さん役が似合っていましたね。






 そして 「け」 ですが、当然、

 景子さんこと、三択の女王と呼ばれた竹下景子さんですよね。近鉄のCMの雰囲気がやさしゅうございましたね。隣の座席に座って、伊勢志摩まで行きたいですよ。









 さいごに 「べ」 ですが、ベテランが続きましたのでここはフレッシュに、


 ベッキーちゃんでしょう。ベッキーちゃんはほんとに、撮影現場をやさしい環境にするキャラクターらしいですよ。



 つまり、








「すけべはやさしいおねえさんがすき」 



・・・だってことですね(^_^)




何の話ししとんじゃっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!