二十年、三十年  ・・・生きねば・・・

 私の母親の肺、胸膜に点在している腫瘍は、どうやら、二十年前に治療した乳癌からの転移らしい。組織からそういうのが分かるらしいです。
 母親は二十年前に乳癌で乳房を全切除している。
 しかし細胞が息を潜めて生き残っていたのですね。








 まったく話は変わりますが、宮崎駿監督作品、


 風立ちぬ が、公開中ですね。


 私、久しぶりに宮崎作品を観に行こうかと考えております。
 

 



 久しぶりといいますのは語弊がありますか・・・。
 私は話題作だった「崖の上のポニョ」を観ていない。
 その前は、木村拓哉が主役の声を担当した作品でしたかね。題名を忘れた。
 その前は、「千と千尋の神隠し」でしたっけ?
 その前は、「もののけ姫」か。

 
 このへんは観ましたけども、あまりにも退屈で眠りそうになっていたのです。それで「ポニョ」は遂に、観に行くのをやめた。



 ちなみに、私がもっとも興奮した映画のひとつは、宮崎作品であります。


 天空の城ラピュタ 、であります。

 
 もう三十年も前の作品だ。
 三十年ですよ。
 たぶん、今観ても面白いだろう。





 ヒロインのシータは、実はラピュタの王女だったのだ。しかし、代々王族に伝わる言葉を自ら発して、ラピュタを破壊してしまう。
 その言葉は、
 バルス ・・・でしたっけね?



 
 映画のキャッチコピーは、
 「血わき肉おどる・・・・・・」 なんやらかんやらでしたっけね。



 良く覚えていると思うけど、それほど面白かった。じっさい血わき肉おどったからな。





 今回の「風立ちぬ」は、分かりやすそうなストーリーで、少し期待している。
 「生きねば」というキャッチコピーの意味も、知りたいところだ。
 過ぎ去った二十年三十年も、これから先の一分一秒より、軽いということでしょうか?
 死と向き合っている人にとってはそうなんでしょうか?





 私も、これまでの過去を破壊すべく、一つの言葉を発してみますかね・・・
 



 
 

 「スケベ」っ!!

 
 そこのお姉さんっ!
ビシッ!!




 百恵さんのように〜〜
 血わき肉おどらせてくれまへんかぁ〜〜〜



バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!