明日①

 台風、もの凄かったですね。深夜の新聞配達中はまるで、水の中をバイクで走っているようでした。
 そしてずぶ濡れになって店に帰ってきたとき、そこには・・・



 あの男のことを皆さんは覚えていらっしゃいますか・・・






 そうです、あの男、







 そこには 酒飲み配達員 がいたのであります。


右、左・・・ - 片隅の町
(↑)最後に酒飲みに会った時











 「手元にあった三十万が二ヶ月でなくなってもうた・・・、ほんま。店長に頭下げて戻らせてもうたで、ほんま」









 しかし、日本列島に大きな被害をもたらした台風の翌朝に、いけしゃーしゃーとしたこのおっさんと再会するとは・・・
 なんか、被害にあわれた方々やその御家族に申し訳ないような気がする・・・




 このおっさん・・・酒飲み配達員は、 「明日」 ということについてどう考えて生きているのだろうか・・・しかしそれを憶測することによって、明日への希望が湧いて来るような気も、またするのだ・・・