時代の要請 ・・・求められるのは(脇役の)あなた・・・(第一回)

 




 ドラマ、 半沢直樹」っ、 最終回に歴史的視聴率っ!!



 関西ではあの水戸黄門を越える、歴代一位の視聴率です。
 





 そして、 あまちゃん」っ、 最終回に近づき関東では30パーセントに迫る勢いっ!!






 それぞれ東西差があるようですね。でも二つ合わせると全国区(強引ですが)でもある。しかしその二つが同時期に放映されたのは、単なる偶然なんでしょうか?








 二つのドラマが大ヒットしたのは、格差社会、そして大震災後の現代の日本では必然だったのか?
 強大な権力に向かう主人公。
 打ちのめされても海に潜る主人公。
 いま要請される現代のヒーローなのか?










 間違いない要素だと思う。
 でもそれでも、見過ごされている最大のシークレット要素が、二つのドラマにはあるのです。
 それは、それぞれに重要な脇役が出演しているということだ。




 上戸彩ちゃん(半沢直樹
 小泉今日子さん(あまちゃん








 二人とも大スターだ。
 当然重要な役どころになるであろう。
 しかし私が言うところの重要さは、その重みが違うのだ。
 この日本でそれを知る人はいないであろう。
 いや、ひょっとしたら一部の人は気づいているかもしれない・・・









 
 ・・・一体それは何なのか・・・この国のために発表せねばなるまい・・・










 彩ちゃんはっ、








 この私のすけべブログ(片隅の町で〇〇〇を語る)の、最多登場お姉さんであるのです。










 そして キョンキョンは、                        











 彩ちゃんへとつながる昭和から平成にかけての、スケベ的側面から日本を支えたアイドルの先駆けであるのです、私はそのことをここで記事にしました。

参照(私は戦う - 片隅の町












 平日の朝昼の連ドラ(月〜土)。
 そして、日曜の夜のドラマ。
 この半年間、日本の一週間を席巻し続けた二つのドラマ。その脇役の出演者の隠れた(スケベ)物語。









 この事実は単なる偶然なのでしょうか?