お・〇・〇・〇・〇・・・・・・〇・〇・〇 ③

 人、物事にとって裏に値する、その最たるものは、




 「お金」 ・・・ではないかと思っております。




 前記事の、お寺の宿坊の店員。団体おばさん集団がぎゃーぎゃー騒ぐわりに、結局お土産を買わなかったという現実を、私は見ておりました。そのことを考慮して、あの店員はけなげに、『おもてなし』をしたのではないでしょうか?
 私も整体の仕事をするようになって、お金をいただくということは、とても重要なことだと考えています。
 そして、お金を支払うことも、大事だということも・・・。
 より高度なおもてなし(高級旅館や料亭など)をもてなされる為には、それに見合うお金のランクがあるということも・・・。





 人、世の中、裏も表も、その皮にはお金がくっついているということに、目を背けられないということ・・・。





 東京は、年間数十億の落し物の現金が警察に届けられるらしい。
 これが、おもてなし・・・
 コインの裏と表のように、
 何十億の「オレオレ詐欺」被害がある。
 これも、この国特有のおもてなし?

 



 
 だけど、まったくお金の匂いが微塵もしない、そんな瞬間の爽やかさが、ときどき人と人の間でないですか?
 それは突然で、あっという間にすれ違う。
 そして、日本だけのものでなく、きっと世界共通だろう。
 なんて言い表せばいいのだろう・・・
 お金の匂いがまったくしないんだから・・・




 お・ま・ま・ご・と ・・・ですか(^^?)
 




 
 <つづく>