仮面を脱ぐ時① ・・・彼女の癖・・・

 ずいぶんとご無沙汰しておりました。
 というのも私は、いまさらながら、ずいぶんと悩んでおったのです。
 人間とは何か?
 人間の業とは・・・
 生きるとは、何か?



 私はこんなテーマを書き続けて、卒業したつもりだったのですが・・・
 つもりになればなるほど、底なし沼にはまるのが、人間なのでしょうか?



 とはいえ、私が追い続けてきた一人の女性が、一つの世界から卒業しようとする時期が迫り、私はブログを更新することにしたのです。



 日本フィギア界のエース、 浅田真央選手 です。





http://sankei.jp.msn.com/sochi2014/news/140209/soc14020903060002-n1.htm  




 団体戦にて、真央選手、冒頭のトリプルアクセル 転倒っ!!




 四年間基礎から作り変えて来た技術の集大成。
 なのに転倒。
 私はその予感がしていました。なぜなら私は彼女を追い続ける中で、ある癖を見つけていたのです。
 浅田選手はその時の調子が良くないとき、滑走前にしきりにスケート靴をごそごそと触るのであります。そしてその癖を出した時、非常に高い確率で失敗する。
 昨日の彼女もそうでした。