本の香り

 本を買う時、新刊本を買いますか?それとも、読みたいけど文庫本になるまで待って、それから買おう。そう思いますか?
 後者の人、結構多いんじゃないでしょうか?何より安いし、それに持ち運びやすいですよね。

 作家の人って、どうなんでしょうねえ。やっぱり、新刊本を買ってほしいのでしょうねえ。でも、文庫本刊行にあたり大幅に編集・加筆とかやるじゃないですか?読むほうにしたら、どないやねん、どっちを買ってほしいねん、って思いますよ。結局、両方買えっちゅうんかい。ってな感じですよ。

 私は文庫本派なんですけど、最近、ほんとに久しぶりにハードカバーの新刊本を買いました。なぜかというと、何気に本屋で並んでいた一冊の本を手に取ってパラパラ開くと、何とも言えない紙の香りがしたんです。文庫本にも独特の香りがあるけど。そうじゃない、なんというか、新鮮な香りがしました。それで、買ったんですけどもね。やっぱり作家の人って、文庫本より新刊本に気合が入ってるんじゃないかなって、その時そう思いましたね。


 まあ、最後に言わせてもらいますけどね、私は、






 
若い人の下着でも、

マダムの下着でも、


両方買いまっせ〜〜
どっちの香も好きでっせ〜〜バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!