名曲、名・・・

人を愛して 人はこころひらき
傷ついて すきま風 知るだろう
いいさそれでも 生きてさえいれば
いつかやさしさに めぐりあえる 


 杉良太郎先生の名曲、


 『すきま風』 



 前向きな歌なんでしょうか?
 きびしい歌でもありますね。



 『生きてさえいれば・・・』



 優しさ以上に厳しい言葉だ。耳が痛い言葉だ。
 でも、杉様にならそう説教してほしい。そう思ってしまう。












 上島竜平さんの名ギャグ、


 くるりんぱっ!』



 竜ちゃんの姿を見るたびに、このギャグを期待してしまう。
 そして、必ずやってくれる。
 帽子を叩きつけた後・・・


 くるりんぱっ!』




 ⇔ 



 名曲、 『すきま風』 を杉様以外に歌いこなせるのは、竜ちゃんしかいないように思うのは、変ですか?




 『すきま風』 ⇔ 『くるりんぱっ!』






 くるりんぱっ!』 にはすきま風が吹いているし、
 『すきま風』 の歌詞がいいたいことは結局、くるりんぱっ!・・・ではないだろうか?







 『生きてさえいれば・・・』 
 耳が痛い言葉だが、
 竜ちゃん、あんたが言うならそうなのかもしれない、と思ってしまうな。







YouTube