川①

 道<おわり>・・・そして、
 、始まる。








 登山を趣味とされている方は、川の源流を見たことがあるのでしょうね。街の道から里の道に進み、山の道に入り頂上を目指す・・・
 頂上に近づき、
 一本の糸のようなせせらぎが、登山者の心を癒します。
 しかしその糸は、そんな優しいものでしょうか・・・





 道。
 目指す道を歩いて、歩いて歩いて・・・
 やっと頂に到達したと思ったら、
 今度は、
 小さな水のしずくがやがて大きな川となり大海に到達する・・・
 その川の道を下ることになるのです。


 スケベ道とは、どれほどに険しい道なのでしょうか・・・










履歴書 - 片隅の町
 かつて私は、スケベ検定なるものが存在すると、紹介しました。私は準一級。そして一級には、石田純一先輩やジローラモ先輩がいると、説明しましたね。
 そしてその上にはさらに、先生や師匠級の方々がいらっしゃると、お話しました。


 


 準一級の私は、山の頂を目指してぜいぜい喘いでいる登山者。
 しかし、先生、師匠クラスの方は、とっくに山頂に至り、川を下っている。ひょっとしたら大海に繰り出し、帆を広げている人なのかもしれません。



 私のスケベ道に強く影響を与えた人物、二人。
 一人は女性、ベッキーちゃん
 スケベ道の扉を開くきっかけを与えてくれた女性です。






 もう一人は男性。
 この方こそ、スケベ検定でいう、先生・師匠クラスの人物でしょう。
 この人物は若くして山頂を制覇し、川を下り始めた人です。
 大海原を目指している猛者でありましょう。
 その人物を、私は紹介したいと思っているのです。







 その人物とは・・・









 つづく。




もったいぶらんと早よ言えっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!







 その人物とは・・・












 秋元康 です。




<つづく>