ニッポン再生・後編


 タマ駅長。
 和歌山県のとあるローカル駅に、タマ駅長が就任して、もの凄い人の流れが生まれたのは、知っている人、多いでしょうね。
 わざわざ海外から、タマ駅長をひと目みに来る観光客も少なくないそうです。



和歌山電鐵 貴志川線 猫のスーパー駅長「たま」とおもちゃ電車といちご電車



 何が幸いするか分かりませんなあ・・・。
 誰も来ない遊園地を作って財政破綻する市もあれば、
 タマ駅長のおかげで、駅を新しく建てかえることができた市もあるのですよ。
 なんでもアイデアでしょうけどね・・・
 小都市ほど、失敗は許されないのでしょうな。
 大都会ほど余裕がないでしょうからね・・・



 タマ駅長は現在、ご高齢の為に寝ていることが多いそうです。
 にタマ駅長代理ががんばっているそうですね(^^)







 スケベ駅長 なら、いつでもどこでも、出張いたしますけどねっ!
 そしてお姉さん乗務員はもちろん・・・
 そこのあなただっ!

 ビシッ!!



バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!