大いなる河⑤・・・鼻

 石田三成公は、イヤなやつ。そんなイメージがあると、私はいいました。もう少し丁寧にいうと、三成公は人間的に未熟だったのではないか?そんな風に思っています。

 天下統一後の豊臣家家臣の中で、その役職上、三成公は嫌われ役の位置であったことはたしかでしょう。加藤清正福島正則ら三成公を恨む武将は実際に、三成公襲撃暗殺を企てたりしています。
 

 なぜここまで人に恨まれるのか?


 逆もある。大谷吉継などは、命を捨てて三成公に味方しているのです。大谷吉継は秀吉にとても可愛がられていた武将。秀吉に、「百万の兵を指揮させてみたい」といわしめた逸材です。物事を大局的・先見的に見れる武将のようで、秀吉亡き後は家康の天下になると知りつつも、親友三成公のために奮戦。戦場で散ります。


 この両極端はなんでしょう?



 木村拓哉さんが意外だとのコメントがありました。大スター木村拓哉さんが家康に敗れた石田三成公とは、興行的にもうまくないのかもしれませんね。
 なぜ、三成公役がキムタクなのか?私はキムタク主演のドラマを観ていて、キムタクが三成公に重なる瞬間がよくあります。それは・・・
 ・・・キムタクの鼻です。



 キムタクの鼻って真っ直ぐで、いかにも意思が強そうですよね。そしてキムタクはその鼻でよく、
 「ふん・・・」と笑いませんか?
 「何いってんだよ、ふん・・・」こんな感じで。
 あの笑い方って、どうですか?自分がやられたら、どう思います?
 カチン、ときませんか?


 


 私は、石田三成公も通った鼻筋をしていたような気がする。そしてよく、「ふん・・・」と鼻で笑っていたような気がするのです。
 加藤清正福島正則ら、気性の荒く懐の小さい武将には、小ばかにされたようで耐えがたいでしょう。
 大谷吉継島左近ら、包容力がある武将には、可愛らしくうつったのかもしれません。








 鼻で笑う。人間的未熟さの行為そのもの。能力の優秀さは別にして、石田三成公はそんな人物で、キムタクはそんな人物の役がぴったり。
 ジャニーさんが認めませんかね?
 でも最近のキムタク主演ドラマ、低迷じゃないですか?それはやはり、キムタクが役と一致していないからだ。
 ジャニーさん、そう思いませんか?



 つづく。