やがて〇〇〇の日が

 必殺仕事人2012
 
 東山さん主演。

 渡辺小五郎

 故、藤田まことさんの後を引き継いだ東山さん、藤田さんがしていたマフラーを首に巻いていました。そして、継承したのはそれだけではないようです。

   中村主水、せん、りつ

 藤田さんは、お姑のせんさんとお嫁さんのりつさんにいびられる役柄でした。職場の奉行所では昼行灯(ひるあんどん)と馬鹿にされ、家に帰れば種無しかぼちゃと嫌味を言われる。その裏の顔は、闇の仕事人。



 こう、ふく

 東山さんも、お姑のこうさんとお嫁さんのふくさんにいじめられておりますね。




 藤田まことさんが役者として油にのっていた時代。そして、東山さんが活躍する今。会社、家庭、どちらも変わったのでしょうか?
 会社の窓際族。家庭では粗大ゴミ。こんな表現、あんまり聞かなくなったなあ。
 
 中村主水は現代にはふさわしくないということか・・・





 現代の人々は、闇の力で何を裁いてほしいのでしょうか?そんな欲求すら薄まっている気がする・・・
 それとも、悪を裁くよりも、自ら成長したいと思う人が増えているのか・・・



 でもね。女性が泣いているという現実は、昔も今もあまり変わってないような気もするね。いや、女性が仕事をせざるを得なくなった今のほうが、多いかな。


 世の女性たち・・・











 はらせぬスケベ、はらして差し上げましょうか!?
 私は
 必殺スケベ人 
 それで今日は、どこのどいつ(男)を懲らしめればいいんで?