かえせ

 時々歩く道で、横を通るとその声が届いてきそうな石碑があります。うららかな日を浴びて、ひっそりとたたずんでいる石碑ですが、よく目を凝らすと、周りに黒い炎の幻影が浮かんできます。



 誰に訴えてるんでしょう?



 いったい誰にたいして、その声を刻んでいるのですか?







 私のような若造ですけどこう思います。
 人間の所業に向かってだと。原爆。
 地下鉄サリン
 9・11
 原発事故。







 「しょうがねえ」・・・海に向かってつぶやいた漁師さん。
 「恩恵だって、受けてるんだ」・・・かえせ、とはいわなかった。







 漁師さんのつぶやきを理解するには、私はあまりにも未熟です。
 「かえせ」。この声、この文字の、黒く燃える意思は理解できるのに。
 それは私が、奪われたと同時に、私もたくさんのモノを奪ってきた人間だからだ。奪ってきた。かえせ、かえせ。俺は返さないけど、お前は返せ。こんな人間だからだ。
 






  石碑の横を、乳母車を押す母親や、若いカップルや、杖をついたご老人が通っていきます。みな、うららかな日差しを浴びていました。