よしのが来る

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 吉川トリコさん作、 『よしのが来る』 ・・・でした。






 りゅうたろうよしのは幼なじみ。お互いいつも、ごく普通に隣にいる存在でした。

 「わたし、こんな町、大っ嫌い」

 いつもそういっていたよしのは、妊娠したのをきっかけに町を出て行きます。そして、離婚して、子供を連れて、町に帰ってくるのです。
 りゅうたろうは考えます。生まれ育った町のこと。帰ってきたよしののこと。これからのこと・・・


 吉川トリコさん




 この物語のようなお話、多いんですかね(・・?)
 50%には満たないでしょう。
 では、生まれ育った町で人生の最後を終える確立って、多いのでしょうか?
 50%以上は、存在するような気がしますね。絶対にね。
 いや、どうなんだろうなあ(・_・?)






よんじゃえ短歌 - 片隅の町

(↑)
 ツバメが帰ってきました。同じツバメだと思いますよ。鮭は生まれた川に戻って、その場所で生涯を終えるのでしょう。ツバメはどうなんでしょう?帰ってきて、そこで生を終えるのでしょうか?



 
 人が生まれ育った町に、一度は帰る確立は、かなり高いでしょう。
 現にこれから多くの人が、家族が、大型連休で戻るでしょう。
 ではその町で人生を終える確立は、どうなんだろうか(-_-?)
 五割を超えるのだろうか・・・どうなんだろうか・・・






 教えてもらえませんか・・・
 お願いしますよ・・・
 気になって連休を過ごせませんよ・・・
 教えて下さいって・・・
 さもないと、




あなたのところに聞きに行きますよっ!! 
来ますよっ!!



 スケベが来るっ!!



 来ますよっ!!