ほんとうの音

名古屋放送局制作、
FMシアター、「ほんとうの音」






 「死なせてくんねぇ」


 今夜も、妻のちよが、夫のたみじを困らせます。
 老いて、子供も独立している二人の生活。ちよが足を悪くして、ほぼ車イスの生活となって以来、たみじは酒を断ちました。掃除洗濯炊事、たみじは慣れない仕事をこなしながら、深夜になるとちよの行動に困らされるのです。



 「死なせてくんねぇけぇ・・・」



 たみじが酒をやめた理由は、ちよが倒れたときにすぐに車に乗せて病院に連れて行っていれば・・・そんな悔恨があるからです。


 十代で、見知らぬ土地にたった一人で嫁に来てくれたちよ・・・



 「生きてさえいてくれればいいんだ」



 ちよを説得して、今日も夜が明けました。
 でもまた明日の深夜、たみじには、夜明けまでの長い時間が待っているのです。



 ・・・死なせてくんねぇ・・・