やたけ

 おはようございます。
 今朝のNHKラジオ文芸館は、
 山本周五郎さん作、『矢竹』・・・でした。



 江戸時代の話です。夫が切腹した、元武士の妻が、我が子を立派な武士にしようと願いを込めて、時の将軍に 『矢』 を献上し続けるのです。



 江戸時代の武士とは、現代で言う国家公務員なのでしょうか?生活は、安定するのでしょう。ただし、不祥事を起こすと、切腹しないといけなかったんだ。江戸時代の武士とは、それほど誇りがあったのでしょうか?どうなんだろう(・・?)



 そりゃ、殿様は権力を持ってたでしょうけど。農民が一揆なんて武装反乱をする時代だ、下級武士は命がけの仕事だったに違いないし、町民農民に、さぞかし頭も下げてたのではないだろうか(・_・?)



 逆に、現代は、我々がおとなし過ぎるのかな?


小説日本婦道記 (新潮文庫)

小説日本婦道記 (新潮文庫)






 スケベ一揆を興すべきかっ!? 今こそ立ち上がるべきかっ(°д°)!?