川②

 

 メジャーリーガー・イチロー選手がまだオリックスに在籍して毎年首位打者を獲っていた頃、こんな発言をしたそうです。


 「調子が悪くても、結果が出てしまう」


 天才とひとことで片付けられないことは、誰でも承知でしょう。イチロー選手の練習量を見て、とても真似できないというプロ選手が、多くいるそうです。
 それでもやっぱり、天才に違いない。






 「作詞なんか、簡単だよ」


 秋元康氏は、とんねるずにこう言ったそうです。
 もちろん、世に発表している以外に、膨大な量の歌詞を書き連ねては破棄しているに違いありません。
 しかしやっぱり、秋元氏は文字の天才なんでしょう。
 大学時代からバイトとして放送作家の仕事をして、相当な収入があったそうです。



 おニャン子クラブが一大ブームを巻き起こし、私も秋元康という人物を知ることになりました。私が中学生のときです。



 ブームの炎はやがて鎮火するもの。おニャン子もしかりです。
 現在のAKB48も、数年後には消滅しているに違いありません。
 しかし、決して消えない名曲という火を、秋元氏は残してきました。


 
 「1986年のマリリン」
 「なんてったってアイドル
 「川の流れのように
 「クリスマスキャロルの頃には



 あの長渕剛のアニキにも、名曲の歌詞を提供しています。

「グッドバイ青春」                           「孤独なハート」














 秋元氏の手法を悪く言う人も多いでしょう。
 私も、歌と商業のことは良く分かりません。というか、そのことを突き詰めていこうとはしていません。
 私が、秋元康氏をスケベ界の先生、師匠クラスの人物だと言うのには、まったく別な理由があるのです。






 その理由を述べる前に、この方々たちを紹介しましょう・・・



   



 <つづく>