絵(再)

 おはようございます。
 今朝のラジオ文芸館は、
 角田光代さん作、 『絵』(再放送) ・・・ でした。




絵 - 片隅の町



 結婚、出産、子育て、家族・・・。主人公の女性は、描いていた理想がことごとく思い通りにならず、将来に不安を感じています。
 私も昔、両親を家族を嫌っていた。この家も、私の息子もやがて・・・
 追い討ちをかけるように、息子の学校から呼び出しをくらうのです。担任教師は、一枚の絵を目の前に突き出しました。




 「これは家族をテーマに描かせた絵なのです。あなたのお子さんだけなのです。どの生徒もみな、家族の絵を描いたのに、あなたの息子さんだけがこんな絵を・・・。こんな寒々しい絵を・・・」




 その息子の絵を見て、涙が溢れ止まらなくなる。でもその涙は、寒さに凍てついた涙ではなくて・・・




Presents

Presents




 
 絵、絵画を見て心温まる・・・
 私もね、なかなかそういう経験ないですな。
 でもね、なぜか心安らぐ種類の絵・・・ってのは、ありますね。
 私の場合それは、木の絵ですかね。
 濃い緑色に葉を茂らせた木の絵を見ると、落ち着きますな。
 それは人によって違うのでしょうけどね。
 海とか、空とか、人とか、車とか・・・


 角田光代さん





 心象風景を描いた絵なんてのは、私にはまだまだ、見る目がありませんね。
 難しいですよ。人の心なんてのは・・・
 そりゃあ、 スケベの心象風景 を描いてみろ・・・なんていわれたら、描けるかもしれませんよ。
 でもそりゃあ、




 モデルがいりますよね。



 なってみます? モデル。


さらっというなっ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
 







 しっかりデッサンしますよっ。


 しっかりねえっ!!