水を得る

 「水を得た魚のよう」
 まさにこの言葉通りという姿を、三度見たことがあります。

 一度目は、人口尾びれを付けたとたんにすごいスピードで泳ぎだし、水面からハイジャンプを何度も繰り返した、尾びれを失くしたイルカ。

 二度目は、職人が特別に作った義足を付けたとたん、勢いよく駆けずり回った、前足を失くした猫。

 そして三度目は、やっと体に合った薬をのむことでパフォーマンスができるようになった、アルツハイマーになってしまった八十六歳の大道芸人ギリヤーク尼崎

飛ぶ

 
 パラリンピック閉幕っ!

 ご覧になりましたか?
 といいますか、前大会でこんなにフューチャーしてましたか?

 不適切な言い方だったら申し訳ありません。パラリンピックとは、パラ・・・半身が不随の・・・アスリートの大会だという意味だそうですね。でもいつしか、パラ・・・もう一つの・・・オリンピック、という意味に置き換えられたそうです。
 私はやはり、始まりの意味が適切だと思う。

 私は見ていて、感動というよりも、恐ろしかったです。手足の片方が、もしくは両方がない人たちが走る、飛ぶ、泳ぐ、ぶつかる、泣く、咆えるっ!

 「感動する」
 この、心の模様の、さらに上に、感情があるんだなと、パラリンピックを見ていて思いました。でもそれをなんといっていいのか・・・

 生命というのは、肉体ではないのだ・・・



 四年後の東京、もう少し違う達観で、観れているのでしょうかね。
 だから私は尋ねたい。





 そこのお姉さんっ!

 
 ビシッ!


 もう一枚パラッ・・・と、

 
脱ぎませんか?

バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!


 

本の香り

 本を買う時、新刊本を買いますか?それとも、読みたいけど文庫本になるまで待って、それから買おう。そう思いますか?
 後者の人、結構多いんじゃないでしょうか?何より安いし、それに持ち運びやすいですよね。

 作家の人って、どうなんでしょうねえ。やっぱり、新刊本を買ってほしいのでしょうねえ。でも、文庫本刊行にあたり大幅に編集・加筆とかやるじゃないですか?読むほうにしたら、どないやねん、どっちを買ってほしいねん、って思いますよ。結局、両方買えっちゅうんかい。ってな感じですよ。

 私は文庫本派なんですけど、最近、ほんとに久しぶりにハードカバーの新刊本を買いました。なぜかというと、何気に本屋で並んでいた一冊の本を手に取ってパラパラ開くと、何とも言えない紙の香りがしたんです。文庫本にも独特の香りがあるけど。そうじゃない、なんというか、新鮮な香りがしました。それで、買ったんですけどもね。やっぱり作家の人って、文庫本より新刊本に気合が入ってるんじゃないかなって、その時そう思いましたね。


 まあ、最後に言わせてもらいますけどね、私は、






 
若い人の下着でも、

マダムの下着でも、


両方買いまっせ〜〜
どっちの香も好きでっせ〜〜バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!