ブルーハーツ

 人が痛みを感じる原因は、筋肉であるらしいですね。骨は痛みを感じないらしい。筋肉が硬くなって血行が悪くなって、痛みやシビレを感じるらしい。これは医学の常識で、とすると・・・
 樫木裕美さんが提唱する、「粘る筋肉」も納得できますね。






体の病気も心の病気も首で治る

体の病気も心の病気も首で治る

 こんな本を読んだのです。現代の人はパソコン、携帯電話・・・等々、下向きの生活に支配されている。自然、首の後ろ側の筋肉がこりこりに硬くなるらしいです。そこから発生する不定愁訴の数々・・・


首こり病外来のご案内(頚筋症候群)| 東京脳神経センター






 著者は、
 「痛みシビレ=ヘルニア」 
 この図式を否定されています。そもそも多くの人がヘルニアらしいのですよ。年取ってきたら、だいたいの人は椎間板がはみ出すらしい。それでも痛い人、痛くない人がいるのは、やはり筋肉が問題らしいのです。
 MRI検査が普及されるようになって、ヘルニアだ手術だと騒ぎだしたようです。





 本の中で著者は、首を休める為に、
 「たまには青空を見上げて下さい」
 
こう述べておられます。
 私も昔、同じようなことを書いたのです。

未来へⅤ - 片隅の町


 スケベの理論も、間違っていないということでしょうか?
 ということはやはり、筋肉に粘りをつけるために・・・
 スケベーダンスですか!?


 ・・・とまあ、昨日みたいな終わり方では、真剣さが伝わりませんよね。ちょっと趣向を変えてみましょうか・・・









ほな、スケベラーのみんなっ!
 

スケベーダンスッ、始めるでぇっ!


粘るで粘るでっ、粘るんやでぇ〜・・・



大阪弁に変わっただけやろっ!!( -_-)=○☆)>_<)粘るでっ!